読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tossy

アヒルが、ガーガー

【定期ポスト】最近の曲々 (October, 2014)

Music

昨日の自分も思い出せないし、明日の自分も想起できない。毎日毎日、その日の自分と向き合い、ダメになったり、それなりにうまく進められたり、そんなひどく酷い繰り返し。報いなんて求められないけど、せめて後押しは欲しい。そんな自分にとっての、最近の曲々。 

 

恋する感覚 featuring 花澤香菜 - Base Ball Bear
作詞・作曲:小出祐介 / Arranged & Produced by Base Ball Bear

ヴォーカリストに花澤さんを迎え、初々しさと切なさを、季節の情景に乗せて描く一曲。声色の多様さに驚いたという小出さんたちのコメントがあったけれど、少なくともそこから発せられる声々がまるでそのままの彼女の声なのだと説得力を持って感じさせられてしまう技量を、花澤さんから感じ取ってしまう。発している言葉の他にはまるで何も考えていないような、そういう無垢な女の子の声。それが演技であることも、聴いているうちは忘れちゃってるくらい。 

 

ray featuring Hatsune Miku - BUMP OF CHICKEN
作詞・作曲:藤原基央 / 編曲:BUMP OF CHICKEN / Vocal Programming: livetune

ray

ray featuring Hatsune Miku

その声を発している主体(つまりは歌い手となる声)がまなざしを向けている相手(平たく言えば聴き手)に対して等しく「許しを与えている」という、聴き手からすれば甘えにも似た感覚。ボーカロイドの楽曲と一括りに言っても色々あるのは知っているけど、それでもその基礎となった価値観は、ボーカロイド側からの「自分を歌わせてくれているあなたへの恋歌」だったように思う。で、その更に源泉となるような「聴き手に等しく許しを与える」という優しさの価値を、メジャーシーンで明確化させていたのが、今思えば藤原基央だったのではないかと。藤原基央初音ミクの「妙にしっくり来る感じ」は、単に予定調和だったのだろうなと感じながら、しかしそのマッチングが極めて「必然」であるから、何度も聴いてしまう一曲。

 

ray featuring Hatsune Miku (livetune cover) - livetune
Presented by BUMP OF CHICKEN / Lyric, Music: 藤原基央 / Arrangement: livetune

ray -livetune cover- (Presented by BUMP OF CHICKEN) feat. 初音ミク

ray featuring Hatsune Miku (livetune cover)

で、livetune 氏のセルフカバー的な作品がこれなのだけれど、重ねて聴いていくと、むしろ BUMP 的なあざとさ(褒め言葉)が削ぎ落とされて、抑えるべきところは抑え、強調すべきところは強調されて更に聴きこんでしまうループが出来上がる。ひとつめのサビを導入部に持ってきている部分と、それを終えて再び始まるイントロのドラムパターンがかなり好き。

 

TOKYO HARBOR featuring KREVA - 赤い公園
Written by 津野米咲, KREVA / Produced by 津野米咲 / Rap & Backing Vocal: KREVA

TOKYO HARBOR (feat. KREVA)

TOKYO HARBOR featuring KREVA

同じアルバムに入っている "楽しい" みたいな愉快で若々しい楽曲から、"ナンバーシックス" みたいな明るくて死にたくなる曲、それこそ SMAP の "Joy" みたいな大衆曲まで、赤い公園には色々な魅力があるけれど、大人っぽいというか、艶で粋でズルいみたいな曲は新鮮な印象。初の客演として名を連ねている KREVA は、とにかく「手頃な悪さ」と「結果何も言っていない」ラップで曲に花を添えているけれど、でもやっぱり聴きどころはラップより KREVA のコーラスやと思う。

――あとは、今回 KREVA さんのコーラスが入ってるのも大きなポイントですね。

津野 「そう!」

――なかなか聴いたことのない KREVA さんのキーと声色で。

KREVA 「ラップの入ったデモを渡すときに “とにかく俺の声を小さくしてくれ” ってリクエストしたんだよね(笑)。ちょっと恥ずかしかったから」
津野 「でも、逆に私たちはミックスのとき “KREVA さん上げてくださーい”って頼んで(笑)」
KREVA 「あははははは」

インタビュー:特別対談: KREVA×津野米咲(赤い公園) - CDJournal CDJ PUSH

 

20140803 - tofubeats
Written by tofubeats / Track Produced by tofubeats / Vocal, Guitar: tofubeats

20140803

20140803

散々構築してきた流れのラストに、あんまり捻りが加えられてないストレートなトラックを持ってきて、歌うだけ歌って「はい、終わり!」みたいなアルバムが個人的に結構好きなのだけれど、この曲はまさにそういう感じ。音楽最高。